モバイルデータ通信.net

WiMAXやSIMの最新情報・リサーチサイト【モバイルデータ通信.net】

【格安すぎるワンコインSIM】DTI ServersMan SIM LTE&ヨドバシワイヤレスゲートWiFi+LTE SIM

      2015/06/26

格安SIMの中でもさらに格安な「ワンコインSIM」と呼ばれる最安値のSIMが存在することをご存知でしょうか。

文字通りワンコインの約500円でデータ通信ができるSIMのことです。詳細や使い勝手などをまとめてみました。

スポンサーリンク

ワンコインSIMの種類

現在存在しているワンコインSIMは以下の2種類です。

  • DTI ServersMan SIM LTE(略称:DTISIM)…月額467円(税抜)、月額504円(税込)
  • ヨドバシワイヤレスゲートWiFi+LTE SIM(略称:ヨドバシSIM)…月額445円(税抜)、月額480円(税込)

DTISIMは増税前は月額税込490円でしたが、増税後月額税込504円となりました。消費税増税によって500円を超えてしまいましたが、ここではワンコインSIMとして取り扱うこととします。

 

 

DTI ServersMan SIM LTEの特徴と詳細

20150119DTISIM

「元祖ワンコインSIM」と呼べるDTISIMは高速通信容量がないものの、最大250Kbpsの速度で使えるデータ通信SIMです。

月額料金は467円(税抜)とお手頃価格です

オプションで050のIP電話が+300円、SMSが月額143円、高速容量の追加が100MBで250円(500MBと1GBもあり)を付けることもできます。ただ、ワンコインSIMは安く使いたい方が契約すると思うので、このオプションにはあまり魅力を感じませんね。

 

評判やサイト内の規約等を確認してみると

短期間で一定容量の通信量を超えた場合や帯域を継続的かつ大量に占有する通信手段を用いて行われるデータ通信につきましては、他のお客様のご利用に影響を与えるため、制御させていただく場合がございます。

引用:http://www-wp.dream.jp/search.php/?p=16394

と書かれていますが、“○日で○GBの通信制限”などと明確な数字が記載されていません。これに不満を持つ方も大勢いるようです。

ですから、突然通信速度規制がかかってしまい、LTE通信が全く使えなくなることもあるようです。

 

また、時間帯によっては250Kbps以上の速度が出ていることもあるようですが、混雑時には使えない(というより使い物にならない)といった書き込みも見受けられました。

帯域保障もないので「使えないときもある」というのを覚悟して契約しなければならないと思うと「安かろう悪かろう」という評価をせざるを得ません。

個人的にはあまりお勧めできないSIMです。残念…。

 

 

ヨドバシカメラオリジナル ワイヤレスゲートWiFi+LTE SIMの特徴と詳細

20150119ヨドバシSIM

こちらはわりと最近サービスを始めたワンコインSIMです。

月額料金は445円(税抜)ととてもお手頃価格です。上で紹介したSIMよりもわずかですが月額利用料金を安く使うことができます。

オプションでSMSを付けることもできます。

通信速度は下り最大250Kbpsで高速通信容量はありませんが、このSIMの最大の特徴は全国40,000か所で使えるワイヤレスゲートWi-Fiスポットの利用料金もこの価格に含まれていることです。

通常、ワイヤレスゲートWi-Fiスポットだけを単体で契約しようと思うと、月額362円(税抜)かかります。しかしこのヨドバシSIM1枚を契約すれば、月額445円(税抜)でワイヤレスゲートWi-FiスポットとLTE通信(250Kbps)を使うことのできるお得度の高いワンコインSIMといえます。

 

利用者の評価は「十分使える」「通信が不安定で使えない」と二極化しています。Wi-Fiスポットの接続はうまくいかない人が多く見受けられました。

 

ヨドバシSIMはヨドバシカメラの店舗かヨドバシ.com(オンラインショップ)で購入することができます。

 

 

ワンコインSIMは魅力的だが…

ワンコインで使えるSIMはとても魅力的ですが、現時点では多少問題もあるような印象です。

 

私はスマホ代を安くすることを常に考えており、以前からワンコインSIMに関心を持っていましたが、乗り換えに踏み切れなかった理由としては、ワンコインの倍額(月1,000円程度)を出せば高速通信容量2GB程度を使うことができるのでそちらの方がお得度が高いと感じているからです。

SIMを入れないと動作しないアプリもあるので、家庭用の第2スマホ端末に差すSIMとして使えそうです。人によってはそのような使い方で充分な方もいらっしゃると思いますが、メインスマホをワンコインSIMにするのは厳しそうです。

 - SIM ,

格安SIMを買うならどれがいい?

当サイト格安SIMおすすめ比較ページ

  関連記事

ぷららモバイルLTE定額無制限プランが人気の理由を調べてみた

【追記】ぷららモバイルの新規申込受付は2017年5月2日で終了しました。また、サ …

これは便利!IIJmio音声通話パック(みおふぉん)がイオンSIMコーナーで即日MNP転入可能に!

格安SIMの中でもシェア第2位のIIJmio(みおふぉん)が全国のイオンで即日M …

楽天モバイルが音声通話SIM最安値!?思わぬ落とし穴

最近、これまでの格安SIM競争から音声通話SIM競争のほうが大きくなってきたよう …

謎の多い<b-mobile SIM高速定額プラン>は最強か!?【日本通信】

12/8に発表されてから話題の“b-mobile SIM高速定額プラン”。 なん …

【格安SIM】IIJmioを1か月使ってみた評判&実測レビュー

以前使っていた格安SIMに不満があったことと、4/1に通信容量の増加が行われたこ …

【楽天ブロードバンドLTEは遅い?】実測レビューと評判・解約までの流れ

長年使ってきた「楽天ブロードバンドLTEエントリープラスプラン」をついに解約する …

【SkyLinkMobile】フリーデータコースのSIMが安くてお得!

パソコン周辺機器でおなじみのELECOM(エレコム)がMVNO事業者となりました …

LINEやTwitterなどSNSのデータ通信料がタダになる格安SIM3選

スマホ利用者にとって今や欠かせない存在になったLINEやTwitterなどのSN …

大人気の<ぷららモバイルLTE定額無制限プラン>が音声通話に対応!

【追記】ぷららモバイルの新規申込受付は2017年5月2日で終了しました。また、サ …

NifMoで1.1GBプラン発表!DMMモバイルは1GBプランを30円値下げ

先日、格安SIMで徐々に人気上昇中のNifMo(ニフモ)が月間高速通信容量1.1 …