モバイルデータ通信.net

WiMAXやSIMの最新情報・リサーチサイト【モバイルデータ通信.net】

【格安SIM】銀行口座振替に対応しているMVNOはある?

      2016/12/01

クレジットカードなしで契約できる格安SIMはあるのでしょうか?

格安SIMに乗り換えてみたいけど、支払方法はデビットカード・口座振替・引き落とし・振込などにしたいという方のために、クレジットカード不要で口座振替できるプロバイダ(MVNO)についてまとめました。

 

格安SIMで口座振替対応のプロバイダ・MVNO

まずは、口座振替対応の格安SIMを扱っている業者を見てみましょう。

 

BIGLOBE SIM

20160706biglobesim_1

格安SIMをインターネットからの申込で口座振替契約できるのはBIGLOBE SIMだけです。

BIGLOBEは格安SIM以外にも光回線やWiMAX2+などを扱っており、古くから実績のあるプロバイダなので安心して利用できます。

料金の支払い方法はクレジットカードまたは口座振替を選択できます。口座振替の場合は毎月26日(金融機関休業日の場合は翌営業日)になります。

口座振替する場合に使える銀行は、各銀行・ゆうちょ銀行です。

ただし、口座振替決済手数料毎月200円が月額料金に上乗せされて請求されます。

 

BIGLOBE SIMの料金プランについて

音声通話 データ通信(SMS) データ通信
スタート(1GB) 1,400円 販売なし 販売なし
エントリー(3GB) 1,600円 1,020円 900円
ライトS(6GB) 2,150円 1,570円 1,450円
12ギガ(12GB) 3,400円 2,820円 2,700円

 

料金については他社MVNOと比較しても高くもなく安くもなく平均水準にあります。

※口座振替の場合は上の表に200円を加算します。

 

BIGLOBE スマホの注意点・デメリット

スタートプラン(1GB)とエントリープラン(3GB)の場合は直近72時間の通信速度制限があります。72時間以内に通信容量がスタートプランの場合は200MB、エントリープランの場合は600MBに到達すると通信速度の制限がされる場合があります。

ライトSプラン、12ギガプランにはこの制限はありません。

 

また、スマホやタブレットセットは口座振替で契約できず、クレジットカードでの支払いが必要になりますので、別のところで調達しましょう。

つまり、SIMカード単体の契約は口座振替できるということです。スマホセットなどそれ以外は不可。

 

BIGLOBEスマホのメリット

BIGLOBE会員になれば通話料が半額になるBIGLOBEでんわを利用することができます。

通常、格安スマホで電話をかけると30秒あたり20円の通話料金がかかりますが、アプリを経由することで30秒あたり10円の通話料金になりますので、通話料金を半額に節約ができます。

さらに通話料がお得になる通話パック60という通話料準定額サービスが利用できます。

20160706biglobeでんわ_1

電話回線を使っているのでIP電話のような会話中の途切れが起きにくいです。(IP電話は料金が安いのが特徴ですが、インターネット回線を使った電話なので電波状況が悪い場所だと急に途切れたりすることがあります。)

 

BIGLOBE SIMの申込方法

ここで一番大切な注意事項になりますが、音声通話プランは新規申込だと口座振替できません。

つまり、データ通信SIMの場合のみ新規申込で口座振替が可能なのです。

ただこの方法には抜け道があって、言い換えると新規申込でなければ音声通話プランの口座振替が可能だということです。既にBIGLOBE接続サービス会員であれば、音声通話プランを口座振替で申し込むことができます。

どうしても口座振替で音声通話プランにしたいという場合は、最初にデータ通信SIMを申し込んでBIGLOBE会員になり、追加で音声通話SIMを申し込み、データ通信SIMを解約するという流れになります。

参考:「BIGLOBE LTE・3G」音声通話SIM 支払方法の拡大について

 

※新規申込を2回するので事務手数料が通常3,000円のところ2倍の6,000円かかります。データ通信SIMの場合の最低利用期間は1か月で解約手数料(違約金)はかかりません。

さて、ここまでして口座振替にしたいという方はいらっしゃるのでしょうか。

 

どうしても口座振替で格安SIMを使いたいという方には以下のような方法がおすすめです。

関連記事:ガラケー+スマホの2台持ちで通信費を月2,000円以下に節約する具体的な方法

 

実際に私がやっている2台持ちであれば、音声通話のみをドコモやauと契約し、スマホをデータ通信のみで契約することができます。

繰り返しになりますが、スマホセットの契約はクレジットカードのみなので端末別のところで買いましょう。データ通信だけの契約であればBIGLOBE SIMでは口座振替が可能です。

詳細・申込 ⇒ BIGLOBE SIM

 

 

デビットカードでの格安SIMの契約は?

格安SIMを契約するための支払方法は基本的にクレジットカードのみです。

楽天モバイルUQ mobilemineoDMMモバイルOCNモバイルONEなどは基本的に口座振替できずクレジットカードなしでは契約できませんが、一部の月次決済可能なデビットカードを使えば可能な場合があるようです。

※審査ありの場合やお使いのデビットカードで必ず支払えるとは限りませんので、デビットカード払いについての詳細は各プロバイダに確認してください。

 

 - SIM ,

格安SIMを買うならどれがいい?

当サイト格安SIMおすすめ比較ページ

  関連記事

2016年3月の格安SIMキャンペーンまとめ

3月になり、格安SIMの需要期となりました。また、2年縛りが切れるのをきっかけに …

楽天モバイルが音声通話SIM最安値!?思わぬ落とし穴

最近、これまでの格安SIM競争から音声通話SIM競争のほうが大きくなってきたよう …

DMMモバイルを解約するための6つの手順と注意事項とは?やってみた備忘録

約8か月データ通信SIMで利用していたDMMモバイルを解約することにしました。 …

【UQモバイル】KDDIがMVNOに参戦!SIMは選べる時代に?

これまで、格安スマホといえばドコモ回線を利用したものが普及していました。 ですか …

まだ間に合う!2016年4~5月の格安SIMキャンペーンまとめ

3月はMVNO各社で割引キャンペーン激戦状態になっていましたが、4月になると格安 …

IIJmioの解約手順は?やってみた備忘録

1年1か月利用したIIJmioを解約することにしました。 解約時に気を付けること …

【格安SIM】IIJmioを1か月使ってみた評判&実測レビュー

以前使っていた格安SIMに不満があったことと、4/1に通信容量の増加が行われたこ …

ワイモバイルから音声SIM登場!スマホ代をお得にする節約術

これまでスマホ料金を節約するには格安SIMをMVNOと契約する必要がありました。 …

【厳選!格安SIM】4/1からの料金・容量改定でおすすめ4社をピックアップ!

本日、4/1より格安SIMの各MVNO業者で新料金プラン・新容量プランが開始され …

楽天モバイルSIMの実効速度は遅い?元ユーザーの評価

今や格安SIMのMVNOとして知名度がナンバーワンといえるであろう楽天モバイル。 …